| 看護科が目指すもの

 
目的

看護の本質を理解し、地域社会に貢献しうる感性豊かな看護実践者を育成する。

目標

1. 看護実践の基礎となる、科学的根拠に基づいた知識、技術、態度を習得する。

2. 看護の対象を総合的に理解し、尊厳ある存在として対応できる。

3. 対象の看護問題を明確にし、基礎的な問題解決能力、応用力を身につける。

4. 生活圏である地域や家庭を理解し、個々の意志を尊重できる能力を養う。

5. 看護の質の向上に向けて、創造的に看護を探求できる能力を養う。               

行動目標

1. 自主的に動いて

2.気づいて

3.感じて

4.相手の立場になって考える

ライセンス

1. 看護師国家試験の受験資格を得られる。

2. 保健師助産師学校養成所の受験資格を得ることが出来る。

3. 専門師(医療専門課程)名称が授与される。

4. 四年生大学へ編入することができる。(高等学校卒業者のみ)