Admission guide

入 学 案 内

Admission guide

入 学 案 内

情報公開

HOME | 情報公開

高等教育の修学支援制度の対象校認定(看護科)について

Study Support

高等教育修学支援制度とは


◎意欲ある学生の皆さんの学びを下記で支援する制度です。

 

①授業料・入学金の免除または減額
②給付奨学金
 

◎対象者は下記の要件を満たしたもの

 

1. 看護科(看護専門課程)在籍者
2. 住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯
3. 学ぶ意欲のある学生であること

要件を満たした場合、下記支援が受けれます。

 

| 授業料・入学金の減免額(年額)

支援区分 授業料 入学金
第1区分 348,000 140,000
第2区分 232,000 93,400
第3区分 116,000 46,700

| 給付奨学金の支給額(月額)

支援区分 自宅 自宅外通学
第1区分 38,300 75,800
第2区分 25,600 50,600
第3区分 12,800 25,300

※支援区分については日本学生支援機構ホームページ 給付奨学金をご覧ください。また、どのような世帯が対象になるか、どれくらいの給付奨学金が受けれるかも日本学生支援機構のホームページでシミュレーションすることが出来ます。
日本学生支援機構 奨学金の制度(給付型)
 
※高等教育修学支援制度の詳細につきましては、文部科学省の下記アドレスへアクセスしてください。
文部科学省 高等教育の修学支援新制度

修学支援に関する法律第7条第1項の確認に係る申請書

 
こちらをご覧ください sinseisho_daikan.pdf
 
 

シラバス

 
こちらをご覧ください → syllabus.pdf

専門基礎分野

教育内容 科目 単位数 対象学年
人体の構造と機能 解剖生理学Ⅰ 1 1年生
解剖生理学Ⅱ 1 2年生
生化学 1 1年生
栄養学 1 1年生

疾病の成り立ちと

回復の促進

薬理学 1 1年生
病因論 病理学 1 1年生
微生物学 1年生
疾病各論Ⅰ 呼吸器・血液系 1 1年生
内分泌・代謝系他 1年生
1年生
疾病各論Ⅱ 消化器系 1 1年生
腎・泌尿器系 1年生
疾病各論Ⅲ 循環器系 1 2年生
疾病各論Ⅳ 脳・神経系 1 2年生
感覚器系(皮膚) 2年生
感覚器系(眼) 2年生
感覚器系(耳鼻) 2年生
感覚器系(歯) 2年生
疾病各論Ⅴ 運動器系 1 2年生
リハビリテーション論 2年生

健康支援と

社会保障制度

保健学 総合医療論 1 2年生
公衆衛生 1 2年生

法律と

社会福祉

関係法規 1 2年生
社会福祉 1 2年生

基礎分野

教育内容 科目 単位数 対象学年
科学的思考の基盤 論理的思考 1 1年生
情報科学 1 1年生
人間と生活社会の理解 人間関係論 1 1年生
心理学 1 2年生
社会学 1 1年生
英語(英会話) 1 2年生
保健体育 1 1年生

専門分野Ⅰ

教育内容 科目 単位数 対象学年
基礎看護学 看護学概論 1 1年生
基礎看護学援助論Ⅰ 1 1年生
基礎看護学援助論Ⅱ 1 1年生
基礎看護学援助論Ⅲ 1 1年生
基礎看護学援助論Ⅳ 1 1年生
基礎看護学援助論Ⅴ 1 2年生

専門分野Ⅱ

教育内容 科目 単位数 対象学年
成人看護学 成人看護学概論 1 1年生
成人看護学援助論Ⅰ 1 1年生
成人看護学援助論Ⅱ 1 2年生
老年看護学 老年看護学概論 1 1年生
老年看護学援助論Ⅰ 1 2年生
老年看護学援助論Ⅱ 1 2年生
小児看護学   小児看護学概論 1 1年生
小児看護学方法論 1 1年生
小児看護学援助論 1 1年生
母性看護学   母性看護学概論 1 1年生
母性看護学方法論 1 2年生
母性看護学援助論 1 2年生
精神看護学   精神看護学概論 1 1年生
精神看護学方法論 1 2年生
精神看護学援助論 1 2年生

統合分野

教育内容 科目 単位数 対象学年
在宅看護論 在宅看護概論 1 2年生
在宅看護援助論Ⅰ 1 2年生
在宅看護援助論Ⅱ 1 2年生
看護の統合と実践 臨床看護の実践 1 3年生
災害看護と国際看護学 1 2年生
臨床補助技術における安全 1 2年生
看護管理と研究 1 3年生

総単位(実習単位数除く) 50

実務経験のある教員等による授業科目の授業時間又は単位数

 

こちらをご覧ください → jitsumukeiken_daikan.pdf

自己点検・自己評価

 
 

准看護科はこちらをご覧ください → jkango_tenkenhyouka.pdf

 

看護科はこちらをご覧ください → kango_tenkenhyouka.pdf

 

 

学校関係者評価

 

こちらをご覧ください→ gakkouhyouka.pdf

本校の成績評価について

Grade Evaluation

成績評価の客観的な指標の算出方法

 

成績評価の算出方法は、習得すべき科目の合計点の平均値をGPAで算出し、順位付けを行う。

 
 

卒業の認定について

 
卒業の認定については、履修科目の単位をすべて取得した者と、欠席日数が出席すべき日数の3分の1を超えない者で、毎年1月末に卒業判定会議を実施し審議のうえで卒業認定をしている。

専門実践教育訓練給付制度について

Practical education training

専門実践教育訓練給付制度とは

 

仕事に必要な資格取得などの費用を国が補助してくれる制度です。雇用保険に一定期間以上加入している労働者が国の指定を受けた教育訓練機関を使って自己啓発を行った場合、負担した費用の一部が国から支給される制度です。

 

専門実践教育訓練給付金の支給額

 

①当校に在学中(専門実践教育訓練受講中)

受講者が支払った教育訓練経費の50%が支給されます(上限あり)
 

②卒業後(専門実践教育訓練の終了後)

資格を取得し、一定の条件を満たした場合追加で教育訓練経費の20%が支給されます。

※支給対象者の要件また支給額についての要件がありますので、詳細は本人の住所を管轄するハローワークまたは、
ハローワークインターネットサービス - 教育訓練給付へお問い合わせください。
(ハローワークでの手続きは受講開始日の1か月前までに行う必要があります)
https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html
※本校は、令和2年10月1日~令和5年9月30日迄認可済みです。

奨学金について

Scholarship

准看護科

| 現在取り扱いが出来る奨学金

 

公益財団法人 福岡県教育文化奨学財団

当財団では、社会に有為な人材の育成を目的として、勉学意欲がありながら経済的理由によって修学が困難である方に対して、奨学金等の貸与事業を行っています。
詳しくはこちら
 

熊本県育英資金

熊本県は、向学心に富む学生又は生徒で、経済的理由により修学困難な人に対し、学資を貸与して教育の機会均等を図り、将来社会に貢献し得る人材を育成することを目的として、奨学金制度を設けています。 
詳しくはこちら
 

佐賀県育英資金

佐賀県育英資金は、経済的理由により修学が困難な生徒に対して、育英資金(奨学金)を無利子で貸与することによって、将来有為の人材を育成することを目的としています。
詳しくはこちら
 

長崎県育英会

長崎県育英会は、県内に住所を有する者の子ども等のうち、向学心に富み、有能な素質を持ちながら経済的理由により修学が困難な者に対し、学資の貸与その他育英上必要と認める業務を行い、もって将来社会に貢献しうる有為の人材の育成に寄与することを目的としています。 
詳しくはこちら
 

福岡県看護師等修学資金

福岡県内の看護師等養成施設に在学する者で、将来、福岡県内の特定施設に従事する者を対象とする。詳細は、福岡県看護師等修学資金の概要を確認。 
詳しくはこちら
 

熊本県看護師等修学資金

熊本県では、県内の看護職員の確保及び定着を図るため、保健師、助産師、看護師及び准看護師(以下「看護師等」といいます。)を養成する熊本県内外の学校若しくは養成所(以下「養成施設」といいます。)に在学している方の修学を支援する「看護師等修学資金貸与制度」を設けています。
詳しくはこちら
 

江口姉妹基金

福岡県医師会が、大牟田名物「草木饅頭」の江口栄商店の元専務江口孝恵様より寄付を賜り、「志ある人が夢を諦めないように」という江口様のご意向に沿った形で「江口姉妹基金」を設立しました。
詳しくはこちら
 
※上記の奨学金は経済的により修学に困難がある優れた学生に対して選考の上、貸与が行われています。

看護科

| 現在取り扱いが出来る奨学金

 

日本学生支援機構

日本学生支援機構の奨学金貸与事業は、教育の機会均等の理念のもと、意欲と能力のある学生等が、自らの意志と責任において大学等で学ぶことができるよう、国の重要な教育事業として実施されています。 
詳しくはこちら

福岡県看護師等修学資金

福岡県内の看護師等養成施設に在学する者で、将来、福岡県内の特定施設に従事する者を対象とする。詳細は、福岡県看護師等修学資金の概要を確認。
 

熊本県看護師等修学資金

熊本県では、県内の看護職員の確保及び定着を図るため、保健師、助産師、看護師及び准看護師(以下「看護師等」といいます。)を養成する熊本県内外の学校若しくは養成所(以下「養成施設」といいます。)に在学している方の修学を支援する「看護師等修学資金貸与制度」を設けています。
詳しくはこちら
 
※上記の奨学金は経済的により修学に困難がある優れた学生に対して選考の上、貸与が行われています。